CYBER STATION
セキュリティ対策ガイド
セキュリティ対策ガイド トップ > セキュリティ対策 > 「Winny」によるウイルス感染について
WindowsUpdateはこちら
「Winny」によるウイルス感染について
最近ニュースでも話題になっていますが、ファイル交換ソフト「Winny」による個人情報流出事件が毎日のようにニュースに取り上げられています。

これは、「Winny」をインストールしているパソコンがウイルス(W32/Antinny)に感染し、そのパソコンに保存されていた個人情報が外部に流出したものです。

ウイルス(W32/Antinny)に感染すると
ウイルス(W32/Antinny)に感染すると、パソコン内に保存されているメールやWord、Excel等のデータファイルがパソコン内の公開フォルダにコピーされ、ユーザの知らない間に世界中のWinny利用者に共有されてしまいます。
予防策
流出したデータは、不特定多数のWinny利用者が保有することになり、回収することはほぼ不可能といえます。このため、情報流出を未然に防ぐことがとても重要です。
  • 流出しては困る情報を取り扱うパソコンには「Winny」及び、他のファイル交換ソフトを導入しない
  • ウイルス対策ソフトを導入し、最新のウイルス定義ファイルで常に監視する
  • Windows UpdateでWindowsを常に最新の状態にする
  • 安全対策に絶対の自信がない場合には、情報が流出しないように「Winny」及び、他のファイル交換ソフトの使用をやめる
感染の疑いがある場合
最新のウイルス定義ファイルに更新されているウイルス対策ソフトを利用して、ウイルスの検出・駆除を行ってください。

ウイルス対策ソフトを導入されていない方は、マイクロソフトが提供する悪意のあるソフトウェアの駆除ツールを使ってウイルス感染の有無の確認・駆除を行ってください。
関連リンク
Copyright(C) 2006 Railway Information System co.Ltd. All Rights Reserved