CYBER STATION
セキュリティ対策ガイド
WindowsUpdateはこちら
不正侵入
Windows Updateなどで最新の修正プログラムを必ず適用する
パソコンのOS(Windowsなど)やアプリケーションなどのソフトウェアの欠陥(セキュリティホール)を放置しておくことは不正侵入を許す原因となります。

プログラムにセキュリティホールが見つかると、たいていの場合は、その製品を発売しているメーカーのWebサイト上で修正プログラムが無償提供されます。ご利用のソフトウェアにセキュリティホールが無いか頻繁にチェックし、修正プログラムを適用して常に最新の状態に保つことが重要となります。
パーソナルファイアウォールを導入する
パーソナルファイアウォールは基本的に、外部ネットワーク入ってくる通信やパソコン内部から外に出て行く通信を監視し、不審な通信を遮断するという働きをするソフトウェアです。外部から入ってくる通信をコントロールすることで、不正侵入される危険性を大幅に減らすことができます。

CYBER STATIONでは、マカフィー・セキュリティサービスでパーソナルファイアウォールの機能を有するサービスを提供しております。
Copyright(C) 2006 Railway Information System co.Ltd. All Rights Reserved