CYBER STATION
セキュリティ対策ガイド
セキュリティ対策ガイド トップ WindowsUpdateはこちら
フィッシング詐欺
最近、銀行やカード会社を装ったメールを預金者やカード保有者に送り、リンクから偽のWebサイトに誘った上で、クレジットカード番号やパスワード、暗証番号などを入力させるなどして個人情報を盗む詐欺的な行為(フィッシング詐欺)による被害が広まっています。

受信したメールのリンク先のサイトが個人情報などの入力を促すようなサイトだった場合には、情報を入力する前に、その企業の窓口に直接ご確認いただくことをお勧めします。また、被害を受けた場合は最寄りの警察署までご相談下さい。

被害予防方法
  • 企業の窓口に直接確認する
    受信したメールのリンク先のサイトが個人情報などの入力を促すようなサイトだった場合には、企業の窓口に電話等でメールを配信したかどうかを直接ご確認ください。その際は、メールに記載されている内容は一切信用せず、信頼できる情報を利用して企業への連絡先をお調べください。
  • メール中のリンクは不用意にクリックしない
    メールの文面にあるリンクを不用意にクリックするのは避けましょう。メールアドレスが相手に知られてしまったり、送られてきたメールの形式によっては、思いもよらないことが起こる恐れがあります。
  • クレジットカード番号やID・パスワードなどの個人情報を安易に送信しない
    懸賞、アンケート、ショッピングサイト等で個人情報等の入力を求められた場合には、相手が信頼できるWebサイトであるかを十分確認した後、行うようにしてください。
  • ブラウザやウィルス対策ソフト等は常に最新のものを使う
    フィッシング詐欺の中には、ブラウザのセキュリティ上の欠陥を攻撃する等の技術を使っているものがあります。自分の使っているブラウザやメールソフトに定期的にパッチ(欠陥等を修正するためのデータ)を適用して既知のセキュリティ上の欠陥を解消し、ウィルス対策ソフトを更新して、常に最新のものを使うようにしてください。

    パッチや更新データは、各ソフトウェアメーカーのWebサイトで提供されています。
フィッシング詐欺関連リンク
Copyright(C) 2006 Railway Information System co.Ltd. All Rights Reserved