CYBER STATION
セキュリティ対策ガイド
WindowsUpdateはこちら
ウイルス対策
日ごろから心がけること
  • Windowsをアップデートする、修正プログラムをインストールする
    WindowsやOutlook Express、Internet Explorerなどのプログラムにある脆弱性を利用して感染するウイルスがあります。
    Windows Updateを使って、パソコンは常に最新で安全な状態にしておきましょう。
メールをチェックする際に心がけること
  • ファイルが添付された電子メールは不用意に開かない
    不審な添付ファイルがついている場合、添付ファイルを開かないようにしましょう。ウイルスメールは差出人が詐称されている可能性があるので、差出人が知人であっても、安易に添付ファイルを開くのはやめましょう。
  • 送信元や件名がはっきりしない電子メールは不用意に開けない
  • プレビューウィンドウは使わないようにする
    Outlook Expressなどのメールソフトでは、プレビューウィンドウでメールの内容を表示するだけで感染するウイルスも確認されています。プレビューウィンドウは使用しないように設定を変更されることをお勧めします。
ホームページ閲覧の際に心がけること
  • 怪しげなサイトにアクセスする際には、ブラウザのセキュリティ設定を強化しておく
    悪意を持ったサイト運営者が、自分のWebページに不正な動きをするJavaScript・ActiveXコントロール・Javaなどのプログラムを埋め込んでいることがあります。このようなサイトにアクセスすると、ページを見ただけでウイルスに感染してしまう場合があります。
    怪しげなサイトにアクセスする際には、ブラウザのJavaScriptやJavaなどの実行機能をオフにする、もしくはその都度ユーザに確認するように設定されることをお勧めします。
ウイルスに感染してしまったら
ウイルス対策ソフトなどを利用してウイルスの駆除を行いましょう。駆除方法の詳細につきましてはこちらをご参照ください。
Copyright(C) 2006 Railway Information System co.Ltd. All Rights Reserved