CYBER STATION JRのインターネットプロバイダー
ホームに設定
SEARCH
ホーム サービス・料金 ご契約内容の変更 よくある質問 会員サポート
ご入会はこちらから

料金タイプの変更

Webメールはこちら

ニュースフラッシュ
JR空席予約案内
鉄道コンテンツ
交通新聞
季節情報
コミュニケーション


資料請求はこちらから

携帯サービスのご案内
行楽なび
交通新聞


プライバシーマーク

各種設定方法
 Mozilla Thunderbird 新規設定方法

STEP1 Mozilla Thunderbird 起動
「Mozilla Thunderbird」を起動します。

※初めて「Mozilla Thunderbird」を起動された場合は自動的に「既存メールアカウントのセットアップ」が起動しますので、STEP3にお進み下さい。

STEP2 アカウント新規作成
「アカウントのセットアップ」内、「メール」をクリックします。
STEP2
STEP3 基本情報入力
各項目を下記のように入力して「続ける」ボタンをクリックします。
あなたの名前 メールを送信する際の送信者の名前となります。任意の名前を入力して下さい。
メールアドレス ご利用のメールアドレスを入力して下さい。
パスワード メールログインパスワードを入力して下さい。
STEP3
STEP4 アカウントの自動設定
「続ける」ボタンクリック後、アカウントの自動設定が始まります。

  • 「Thunderbirdはあなたのアカウント設定を見つけられませんでした。」と表示されたら、各項目を以下のように編集します。

  • 編集が完了しましたら、画面左下の「詳細設定」をクリックします。
  • STEP3
    受信サーバ POP3 pop.jrnet.ne.jp 995 SSL/TLS 通常のパスワード認証
    ユーザ名(受信サーバ) ご利用のメールアドレス
    送信サーバ SMTP smtp.jrnet.ne.jp 465 SSL/TLS 通常のパスワード認証
    ユーザ名(送信サーバ) ご利用のメールアドレス

    STEP5 POPメールサーバー 設定
    「サーバ設定」画面で、各項目が下記の通りに設定されている事をご確認下さい。確認後、「送信(SMTP)サーバ」を選択。

    ●サーバの種類 POPメールサーバー
    サーバ名 pop.jrnet.ne.jp
    ユーザ名 ご利用のメールアドレスを入力
    ポート 「995」と入力

    ●セキュリティ設定
    接続の保護 「SSL/TLS」を選択
    認証方式 「通常のパスワード認証」を選択

    ●サーバー設定
    新着メッセージがないか
    起動時に確認する
    ご利用の環境に応じて任意で設定します。
    新着メッセージがないか
    〇〇分後に確認する
    ご利用の環境に応じて任意で設定します。
    新着メッセージを自動的に
    ダウンロードする
    ご利用の環境に応じて任意で設定します。
    ヘッダーのみ取得する ご利用の環境に応じて任意で設定します。
    ダウンロード後もサーバーに
    メッセージを残す
    ご利用の環境に応じて任意で設定します。
    Webメールや複数の端末で同一のメールを受信したい場合は、「ダウンロード後もサーバーにメッセージを残す」にチェックします。
    ダウンロードしてから〇〇日以上
    経過したメッセージは削除する
    「通常のパスワード認証」を選択
    ダウンロードしたメッセージを
    削除したらサーバーからも削除する
    「通常のパスワード認証」を選択
    STEP5
    STEP6 「送信(SMTP)サーバ」選択
    「送信(SMTP)サーバ」を選択、設定した送信サーバを選択して「編集」ボタンをクリックします。
    STEP6
    STEP7「送信(SMTP)サーバ」画面
    「送信(SMTP)サーバ」の画面が表示されますので、各項目を下記の通りになっている事を確認して「OK」ボタンをクリック。

    ●設定
    説明 任意の説明を入力
    サーバ名 smtp.jrnet.ne.jp
    ポート番号 「465」と入力

    ●セキュリティと認証
    接続の保護 「SSL/TLS」を選択
    認証方式 「通常のパスワード認証」を選択
    ユーザ名 ご利用のメールアドレスを入力
    STEP7
    STEP8 「アカウント設定」画面クローズ
    「アカウント設定」の画面に戻りますので「OK」ボタンをクリックします。
    STEP8
    STEP9 「システム統合」画面
    「システム統合」が表示された場合、メインとしてご利用の場合は「規定として設定」、そうでない場合は「統合をスキップ」を選択します。

    ※次回起動時にこの画面を表示したくない場合、「起動時に Thunderbird が既定のクライアントとして設定されているか確認する」のチェックを外します。

    STEP10
    STEP10 セットアップ完了
    メールボックス画面に戻ります。設定したアカウントが表示されていれば設定完了です。メールの送受信をお試し下さい。

    STEP10

    解決出来なかった場合は、Mozilla Thunderbird 設定確認方法をご覧ください。

    前のページに戻る

    サイトマップ 個人情報保護 会社案内 著作権・リンクについて Copyright(C)2005 Railway Information Systems Co.,Ltd. All rights reserved.JRシステム