CYBER STATION JRのインターネットプロバイダー
ホームに設定
SEARCH
ホーム サービス・料金 ご契約内容の変更 よくある質問 会員サポート
ご入会はこちらから

料金タイプの変更

Webメールはこちら

ニュースフラッシュ
JR空席予約案内
鉄道コンテンツ
交通新聞
季節情報
コミュニケーション


資料請求はこちらから

携帯サービスのご案内
行楽なび
交通新聞


プライバシーマーク


トラブルシューティング

ダイヤルアップ接続に関するトラブル
エラーメッセージが表示され接続できない(Windows)
56kモデムを使用しているのに速度が極端に遅い

エラーメッセージが表示され接続できない(Windows)
エラー番号 エラーメッセージ
602 指定したポートは既に開かれています。
629 この接続はリモートコンピュータによって切断されました。
630 コンピューターは、モデムからの応答を受信しません。モデムが正しく装着されているか確認し必要であればモデムの電源を一度切って、入れ直してください。
645 内部認証エラーが発生しました。
650 ダイヤル先のコンピューターはダイヤルアップネットワーク接続を確立できません。接続のプロパティーでサーバーの種類を確認してから、接続をしなおして下さい。
676 電話回線はビジーです。
678 ダイヤル先のコンピューターが応答しません。しばらくしてからやり直してください。
680 発信音がありませんでした。
691 ユーザー名またはパスワード、あるいはその両方が無効なため、このドメインにアクセスできませんでした。
692 モデム(またはほかの接続デバイス)でハードウェア障害が発生しました。
718 リモートコンピュータから有効な応答を待っているときに、この接続はタイムアウトしました。
721 リモートコンピュータが応答していません。
56kモデムを使用しているのに速度が極端に遅い
56Kモデムはノイズの影響を受けやすいので、ご利用の環境によっては通信速度が極端に下がってしまうことがあります。ノイズの原因としまして、下記のような事が挙げられます。

PBX(構内交換機)を経由している電話回線を使用している。
モデムのドライバが適切なものでない。バージョンアップがされていない。
(モデムのバージョンアップなどにつきましては、モデムのメーカーにお問い合わせください。)
モジュラジャックからモデムまでのモジュラケーブルが長い。
モジュラケーブルを分岐装置で分岐して利用している。
電気機器・ケーブルなどがモジュラケーブルの近くにある。

上記のことを改善しても問題が解消されない場合は、接続方式をV.34方式に変更することにより、最大接続速度は33,600bpsまで低下しますが、安定した通信が行える場合があります。
(モデムによって方法が異なりますので、詳細につきましてはモデムのメーカーにお問い合わせください。)

サイトマップ 個人情報保護 会社案内 著作権・リンクについて Copyright(C)2005 Railway Information Systems Co.,Ltd. All rights reserved.JRシステム